歯の着色汚れの原因は?


歯の着色汚れは一般的にステイン(stain)と呼ばれています。
そもそもこのステインは何が原因でできてしまうのか皆さんご存知ですか?

毎日歯を磨いているのにも関わらず、歯が黄色くなってしまう…。
それはやはり毎日の習慣にステインの原因となるものが含まれているからなんです。

一体どんなものがステインを作り出してしまうのでしょうか?







ステインの原因となるもの

タバコ
これはご存知の方も多いですよね。タバコのヤニは歯を汚します。
これはタバコに含まれるタールやペリクルといった成分が原因で起こるものです。

もちろん吸わないのが一番いいと思うのですが、強いて言うならば
加熱式電子タバコであればタールの発生を抑えられるので、着色しにくいと言えるでしょう。

 


色の濃い食材、ポリフェノール
これは結構ショックかもしれませんが、色の濃い食材は基本的に着色すると思っていいです。
例えば
・カレーライス
・ミートソース(及びトマトソース、ケチャップ系)
・ソース、醤油など色の濃い調味料
・コーヒー
・紅茶、緑茶などのお茶系
・緑黄色野菜
・着色料が含まれるお菓子
・チョコレート

などなど。
考えてみたらカレーに含まれるターメリック(うこん)はご飯に色をつけるために使われるので当然ですよね。
サフランを使用するパエリアやサフランライスも同様です。

そしてポリフェノールを含むものもという事は
・リンゴ、バナナ、キウイ、ブルーベリーなどのフルーツ系
もステインの原因となるということですね。
コーヒーがステインを作り出す事は知っていても、緑黄色野菜やフルーツがたっぷり含まれたスムージーですらもステインの原因になるということはあまり知られていないのではないかと思います。

 

 




 

 

薬で着色してしまうことも

うがい薬もイソジンなども色が強いもほはステインの原因となります。
うがい後にそのまま放置すると着色してしまうので、すぐに歯磨きをするよう心がけましょう。

また、例外として副作用で歯を変色させてしまう薬というのも存在します。
こちらもホームホワイトニングによって改善可能なので、悩んでいる方は是非実践してみてください。