日焼けケアは年中しましょう


みなさん、ちゃんと年中日焼けケアしていますか?
中には、春(終り頃)から夏の間だけしか日焼け止め塗らないって人も多いんです。
太陽って年中上がってますからね、年中紫外線はあるので冬場でもケアは絶対必要ですよ~。

私が紫外線ケアを徹底している理由は肌を焼かないためなんですが
アンチエイジングという意味でもケアをしています。
つまり、日焼けをしてしまうと老けてしまうんです。







 

日焼けをすると老ける理由は有害な紫外線


1日数分間日光を浴びる事は体に良い事とされています。それは事実だと思います。
ですが、度を越えると紫外線はたちまち有害なものになってしまうので注意が必要です。

 

シミ・そばかすになる


紫外線で肌が焼けると黒くなりますよね。それは肌のターンオーバーによりやがて元の色も戻ります。
ですが体質や代謝によってうまくターンオーバー出来ずにメラニン色素がそのまま残ってしまう場合があるんです。そのまま色素沈着として留まってしまいます。
それがシミやそばかすが出来る理由です。

つまり、肌のターンオーバーがうまくいってる時はいくら焼けてもシミにはならないんですが
その時のホルモンバランスや新陳代謝具合によって変わってきてしまうんです。
年齢を重ねると新陳代謝はどうしても衰えてきますから「歳をとるとシミが出てくる」と言われている理由はそれです。

肌のシミやそばかすは、紫外線B派による影響とされています。
紫外線B派は窓ガラスや雲で遮断されます。

 

肌のシワやたるみが出来る


考えるのも恐ろしい事ですが、紫外線を浴びる事は肌にシワを作り、たるませる原因となります。

人の肌にハリがあるのは皮膚の中のコラーゲンやエラスチンのおかげなんですね。
そのおかげで弾力を保つことが出来ています。
紫外線はそのコラーゲンやエラスチンを分解させてしまうという作用があります。
その結果、肌にシワやたるみが出来てしまい老け顔の原因になってしまいます。

シワやたるみは、紫外線A派による影響とされています。
紫外線B派は窓ガラスや雲で遮断されません。窓越しに日光を浴びても影響が出てしまいます。



普段からのケアや、日焼け後のケアがこれからの肌を左右します

日焼けしてしまってもその後のケアでダメージを最小限にとどめることが出来ます。
美白に良いとされるビタミンC、肌のたるみを抑えるコラーゲンやエラスチンを内側と外側から摂取しましょう。


また、コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取することでより効果的に吸収することが出来ます。
ぜひ絶対に一緒に摂取するようにしましょう。